2018年3月8日木曜日

2月に読んだ本

2月の読書メーター
読んだ本の数:6
読んだページ数:1477
ナイス数:20

兄弟 (文春文庫)兄弟 (文春文庫)感想
「石狩挽歌」の歌の背景は凄まじい世界だった。まともに仕事をしたことはないのだけれど、うまくいかないと分かれば徹底的に負けないとおさまらず、億単位の借金を弟に肩代わりさせて、当たり前と悪びれもせず虚勢を張る、特攻の生き残りの兄。他人からみたら、こんな無茶苦茶な怖い人世の中にいるの?!なんだけど。それを受け入れて借金を完済しつづけ(!)なお鎖を断てない、才能ある弟も凄い。なかにし礼の作詞家としての成功の裏に、こんなブラックホールみたいな兄の存在があり、それがある意味、創作のエネルギーだった、というのも。
読了日:02月24日 著者:なかにし 礼

羊の木(5) (イブニングKC)羊の木(5) (イブニングKC)感想
kindle版、最終巻。 教育長・白尾政光、大型ダンプカーで大暴れ。重機の凶暴さが犯罪を通り越していてアクションものの迫力。 善行が巡り巡って誰かを不幸にしてしまったり、生まれも育ちも関係なく、罪は性根に宿るものって訳じゃないと。不幸にも歯車が狂い罪を犯した人が再び生きていくためには「居場所」が必要で、それを本人も社会も大切にできるかどうかなのだと、たぶん映画のテーマにも通底してたかも。 イジメられてた中学生が炎上するダンプが海に落ちるのをみて「生きていればこんなこともあるんだな」って表情が良かった。
読了日:02月12日 著者:いがらし みきお

羊の木(4) (イブニングKC)羊の木(4) (イブニングKC)感想
kindle版で一気読み、つづき。 罪を精算して人生をやり直すはずの町で、元犯罪者の皆さんとはカンケー無く、フツーの市民の中にも不倫やそれにまつわるもめ事はあり、社会的には立派そうな人たちの日常も狂っているよ。 そんな中、月末さんちの理奈ちゃんは爽快。健全だわー。 書き下ろし小説は「キヨミ」。スピンオフで、漫画にしてください、いがらし先生!
読了日:02月12日 著者:いがらし みきお

羊の木(3) (イブニングKC)羊の木(3) (イブニングKC)感想
kindle版で一気読み、つづき。 馬に蹴られるチキン対決は何をしたかったのか分からないけど、こういうナンセンスなエピソードを挿入してくるところは好きです。三田村、怪しい…?国家プロジェクトから離脱して魚深市の状況がツイン・ピークス化してきた? 山上先生の書き下ろし小説は「模型」。
読了日:02月12日 著者:いがらし みきお

羊の木(2) (イブニングKC)羊の木(2) (イブニングKC)感想
kindle版で一気読み、つづき。 奇祭「のろろ祭り」が、祭りを通りこして猟奇。いがらし先生の庚申様思い出しました。宮越は気持ち悪いやつだなー。それから大野さんのニワトリ…。じわじわ来てます。 巻末の山上先生の書き下ろし短編小説「浜辺」も読み応えありです。
読了日:02月12日 著者:いがらし みきお

羊の木(1) (イブニングKC)羊の木(1) (イブニングKC)感想
kindle版で一気読み。 先に映画を観てしまったので、こんなに設定が違っていたのかとちょっと驚き。国家プロジェクトといいつつ、おっさん三人組がお世話役…?公務員の錦戸君らしき爽やか青年は出て来ませんですが、月末一さんは仏壇やの親父さんです(笑)。元受刑者もいろいろあってもっと複雑。こんな話だったのかー?! びびり気性の月末さんが頼まれるまま移住者を迎えにいって初対面で接する時の、妄想する恐怖心が地震のように微動から大きな揺れに変わっていく脇汗な感じが、映画には無かった。達観した大塚さんと対照的。
読了日:02月12日 著者:いがらし みきお

読書メーター

2018年2月18日日曜日

玉・仁座のお軽・平右衛門に放心状態_二月歌舞伎座夜の部

「至芸」という言葉がありますね。七代目三津五郎の踊りであるとか、四代目竹本越路太夫の切り場語りであるとか、大成駒屋の女形であるとか、いまや言葉や映像や音源の記録でしか知ることができない名人たちの「至芸」というものに、とても憧れ、その時代に遅れたことをとても残念に思うことがあります。

今月の『仮名手本忠臣蔵』の七段目は、そんな風にのちの語り草になる名舞台だったと思うのです。自分の生きた時代で「至芸」を見ることができたと思えた、そんな玉三郎と仁左衛門のお軽・平右衛門でした。

今回の公演は、奇数日と偶数日とで配役が変わって、お軽=玉三郎(奇数)・菊之助(偶数)、平右衛門=仁左衛門(奇数)・海老蔵(偶数)となっていたせいで競争率が倍になり、また、出演者が多いため後援会が押さえてしまっていたのか、とにかくチケットが超がつく激戦でした。歌舞伎会の先行の売り出し日、一般会員に回って来る頃には、週末と千穐楽にはほとんど空きがなく、10時打ちしてやっと手に入れた席は、1等席ながら2階の東奥。ほとんどオペラグラスが手放せなかったね。

それでも、この舞台を生で観たことは、この先の自分の支えになるだろうと核を得たような気分です。


男女の関係の中でも、兄と妹がもつ独特の親密感というものがあります。艶々した嫌らしさや媚びがない、兄妹という関係の中だからこそ可愛さが引き立ってくる、そんな玉三郎のお軽に思わず惹きつけられました。
仁左衛門の平右衛門は、たぶん、小さい頃からやんちゃな兄で、けっこう不条理な乱暴なんかもかましていたに違いない。でも、妹は、そんな兄に対するあしらい方には慣れており、何よりお兄ちゃんのことは大好きで甘え方も知っている。また、兄も妹が可愛い…という、昨日今日できあがった関係じゃないという肚があり、お互いが転がし合うようなリラックスした演技に、ゆるゆると吸い込まれていくようでした。

「兄さん会いたかったー、会いたかったー」で、胸がキュンキュンしてしまいました。
お軽はお軽なりに、不安で寂しい日々を送っていたのだよねぇ。

でも、兄さんのことは大好きだけど、お軽の頭のなかは勘平さんでいっぱいなのでありますよ。ところがすでに実家では散々なことが起きていて、兄は、妹が気の毒でそれを口に出来ないでいるんだけど、ついにその死を告げてしまうと、これまでのリラックスした空気が一変して、お軽の息が止まる、長い長い間。この息に飲まれて、小屋全体がしーんと息を詰めました。全てが真っ白になったようだった。物音ひとつしなかった。

「間」というよりも、「呼吸」ですね。
会場全体が二人の役者の呼吸に支配されている感じでした。

そこからは、感情の大波小波が押し寄せてきて…急に血流が乱れましたね。なにしろ、思い出すのは11月の仁左衛門の勘平さんですよ。歌舞伎って面白いよねー。はぁはぁ。

幕が上がる頃には放心状態、これを絶品と言わずに、なんと表現したらいいのか。
気迫や迫力で魅せる舞台もありますが、この舞台は力みがない巧さが際立ちました。いつの間にか仮名手本の世界の扉が開いていたーという感じでした。

仁左衛門と玉三郎も、掛け合いを楽しんでやっているみたいでした。

白鸚の大きさのある懐深い由良之助も良かった。二人のことを思う滋味があり、大人を感じさせました。平右衛門、お軽それぞれの絡みの場面も良い感じでした。やっぱり全体に上出来の舞台でした。

当代染五郎君の力弥もとても似合っていました。
気品漂うルックス、所作の綺麗さは好ましいですし、この先、高麗屋の御曹司としてあんな役こんな役もやっていくんだろうと思うと楽しみなわけですが、早野勘平のリアル年齢32歳まであと20年と思うと、これについてはそれまで脳神経を健康に保てるのかと、自分のポテンシャルの方が不安ですよね。

新幸四郎の『熊谷陣屋』ももちろん良かった。
でも、1月の吉右衛門丈の富樫もそうだったらしいですが、今月の仁座・玉の舞台そのものが、幸四郎に対するまさにの餞(はなむけ)なんでしょうね。
先はもう少し長いかも知れないけれど、新幸四郎の円熟期まではたぶん観にいけるだろうと思うので、自分も観客としてもうちょっと成長していきたいものです。

高麗屋には、面白い芝居をたくさん作って欲しいし、また「至芸」と呼ばれる技に到達するまでがんばって欲しい。期待しています。

観劇日はちょうど節分で、『木挽町芝居前』の中で豆まきがありました。2階の隅にもまいてくださいまして、ゲットできました。縁起良し!今年も歌舞伎の神様、どうぞよろしくお願いします。


二月大歌舞伎 夜の部

一、一谷嫩軍記
熊谷陣屋(くまがいじんや)

熊谷次郎直実  染五郎改め幸四郎
熊谷妻相模  魁春
藤の方  雀右衛門
梶原平次景高  芝翫
亀井六郎  歌昇
片岡八郎  萬太郎
伊勢三郎  巳之助
駿河次郎  隼人
堤軍次  鴈治郎
白毫弥陀六  左團次
源義経  菊五郎

今井豊茂 作
二、壽三代歌舞伎賑ことほぐさんだいかぶきのにぎわい)
木挽町芝居前

木挽町座元 菊五郎
芝居茶屋亭主 仁左衛門
茶屋女房 玉三郎
男伊達 左團次 又五郎 鴈治郎 錦之助 松緑 海老蔵 彌十郎 芝翫 歌六
女伊達 魁春 時蔵 雀右衛門 孝太郎 梅枝 高麗蔵 友右衛門 東蔵 秀太郎
表方  廣太郎
役者  錦吾
高麗屋番頭  猿之助
町火消組頭  楽善
木挽町町年寄 我當
江戸奉行  梅玉
太夫元  吉右衛門
芸者  藤十郎

二代目松本白 鸚
十代目松本幸四郎 襲名披露口上
八代目市川染五郎

幸四郎改め白鸚
染五郎改め幸四郎
金太郎改め染五郎


三、仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)
祇園一力茶屋の場

大星由良之助  幸四郎改め白鸚
大星力弥  金太郎改め染五郎
赤垣源蔵  友右衛門
富森助右衛門  彌十郎
矢間重太郎  松江
斧九太夫  錦吾
〈奇数日〉 
遊女お軽   玉三郎
寺岡平右衛門 仁左衛門
  
〈偶数日〉 
遊女お軽   菊之助
寺岡平右衛門 海老蔵

2018年2月16日金曜日

高麗屋三代襲名は超豪華幕の内弁当のようだった_まずは二月歌舞伎座昼の部を幕見で

年明けの歌舞伎座は、高麗屋の三代襲名で話題持ちきりでした。テレビでも録画・再生が追いつかないほどに。しかし、うずうずする気持ちを1月はぐっと我慢した虫六…。

なぜって2月の夜の部に玉三郎・仁左衛門のお軽・平右衛門で『仮名手本忠臣蔵』の七段目がかかるという、聞き逃せない情報が入って来たからであります。
なんせね、交通費2万円かかりますから、演目は選ばねばならないのが地方在住者の現実であります。

で、「チケット取得ハードル高すぎ問題」とかいろいろありましたが、なんとか自力で確保して、3日(土)シャーロックママさんとご同伴でやってきました、今年はじめての歌舞伎座へ!

待たせたなー!木挽町。

今回ゲットしてあったチケットは夜の部のみ(松竹さん、襲名のたびに2000円ずつ値上げするのやめてくださーい!頼みますよぅ!)でも、せっかくなので昼の部は幕見でみようということになり、売り出し1時間前に並ぶ計画で、早朝の新幹線に乗り、東京に着いたのですが、すでに50人ほどの列ができていました。さすが三代襲名、混んでますね。でも、なんとか座れそうだよ。

ちょっと遠いけど、十分十分。
東っ方に席を陣取ったけれど、両花道でした。もうちょっと中央寄りにすべきだったかな?まぁ、いずれ七三までしか見えませんけども。
それにしても祝い幕が草間弥生って、高麗屋とどういう関係なのかな?
(…という疑問は、2月17日(土)のSWITCHインタビュー(NHK)を見れば分かるらしいよ。)

歌舞伎座百三十年
松本幸四郎改め 二代目 松本白 鸚
市川染五郎改め 十代目 松本幸四郎 襲名披露
松本金太郎改め 八代目 市川染五郎
二月大歌舞伎

一、春駒祝高(はるこまいわいのこうらい)

工藤祐経  梅玉
曽我五郎  芝翫
大磯の虎  梅枝
喜瀬川亀鶴 梅丸
化粧坂少将 米吉
曽我十郎  錦之助
小林朝比奈 又五郎

二、一條大蔵譚(いちじょうおおくらものがたり)
檜垣/奥殿


一條大蔵長成  染五郎改め幸四郎
常盤御前  時蔵
お京      孝太郎
吉岡鬼次郎   松緑
茶亭与市    橘三郎
女小姓     宗之助
八剣勘解由   歌六
鳴瀬      秀太郎

三、歌舞伎十八番の内 (しばらく)

鎌倉権五郎  海老蔵
鹿島入道震斎 鴈治郎
那須九郎妹照葉 孝太郎
成田五郎    右團次
小金丸行綱   彦三郎
加茂三郎    坂東亀蔵
桂の前     尾上右近
大江正広    廣松
埴生五郎    弘太郎
荏原八郎    九團次
足柄左衛門   男女蔵
東金太郎    市蔵
局常盤木    齊入
宝木蔵人    家橘
加茂次郎    友右衛門
清原武衡    左團次

北條秀司作・演出
四、井伊大老(いいたいろう)

井伊大老     吉右衛門
お静の方     雀右衛門
昌子の方     高麗蔵
宇津木六之丞   吉之丞
老女雲の井    歌女之丞
仙英禅師     歌六
長野主膳     梅玉


全体にお祝いに相応しい絵面も華やかな演目が揃いました。
っていうか、さすが襲名公演ともなると4演目!看板俳優が勢揃いで、“幕の内弁当”を通りこして“お節四段重”みたいです。

曽我ものの『春駒祝高麗』は、ご贔屓の米吉と梅丸が可愛かった。梅玉の工藤祐経は安定感ありますね。最近、梅玉さんの力まない演技が好みの虫六です。

つづいての『一條大蔵譚』は新幸四郎の出し物です。三代襲名だけど、昼の部は幸四郎一人だけの出演で奮闘です。時蔵、孝太郎、秀太郎という女形の重量感のなかで、幸四郎がちょっと小さくみえました。小顔のせい?このパターンだと個人的には仁左衛門を据えたいところですが…ね、(>ω<)ゞ。
一條大蔵長成の公家の気品を残しての前段の作り阿呆のくだり、そして、正体を見せてからの切れの良い動きの差が面白かったかな。でも、あえて言わせていただくと個人的にはこのお芝居そんなに面白いと思って見たことがなかったのでした。

新幸四郎は、どうしてこの演目を選んだのかな?などとちょっと考えてしまいました。

1月の『勧進帳』は高麗屋として外せないのはよく分かる(実際、すごい舞台だったらしい。見てないけど)。『菅原伝授手習鑑』も『熊谷陣屋』も良しとしよう。

でも2月の昼の部は、三代のうち幸四郎しか出演していないのだから、染五郎時代の総決算のような、彼が作り出した新作の演目を持って来ても良かったんじゃないかな??などと、妄想してしまいました。18代中村勘三郎が『野田版 研辰の打たれ』を襲名で掛けたみたいにね。

「新幸四郎、襲名で『阿弖流為』!」なーんて選択肢はなかったのかしらん。


でも、大幹部総出演の顔ぶれを拝見すると、昼の部通しで『阿弖流為』のセンはないかー?吉右衛門さんに藤原稀継、雀右衛門さんに御霊御前、どうすか?って、言えない…です、かね。大人は考えないね。(ごめんなさーい、放言でした。)そもそも、中村屋兄弟は2月は博多で公演でしたね。

夢かぁー。

シャーママさんご贔屓の海老蔵は『暫』で、寿ぎながら登場。眼福眼福。でも4階から見ていると、鎌倉権五郎より小金丸行綱の方が、声がよく通っていたよ。

最後の『井伊大老』は、途中ちょっぴり気が抜けました。このところ疲れが溜まっていたのよ。また、なんだかんだで幕見の4幕通しは疲れますね。
ぼやっとしていたら、吉右衛門の井伊直弼が、側室お静の雀右衛門を相手に「…鬼畜とののしられ、後の歴史に汚名を残すことになるのだ」とかなんとか、恨みがましい悔しさを口にしている場面で、へっと我に返り、なんか男の人が書いた脚本なんだな(それを言ったら全部ですけども)と、あぁこれ暗殺前夜の話だったのかと。
でも、ぼやっとする前の方でも側室が正室に悋気して、そんな気持ちをお坊さんに話したら「あなたは可愛い人だ」とか言われていて、…男女の関係の描き方も男目線だなぁと、いろいろ違和感でした。

やれやれ、舞台が遠いせいでか、いつもより集中力を欠いてしまいました。まだまだ修行が足りない虫六でした。

が!いよいよ、夜の部です。うふふ。


【おまけ】

ちなみに、こちらは本当の襲名記念幕の内弁当。2000円とお高めでしたが、3日はまだ生写真がなかったので、何か記念に…と包み紙ほしさに買っちゃいました。おかず一つ一つに仕事がしてあって、とっても美味しゅうございました!!

2018年2月11日日曜日

1月に読んだ本

1月の読書メーター
読んだ本の数:3
読んだページ数:823
ナイス数:26

長崎ぶらぶら節 (新潮文庫)長崎ぶらぶら節 (新潮文庫)感想
丸山芸者・愛八の心意気が清々しい。叶う恋でもないのに古賀のために旦那と縁を切り、三味線持って歌探し調査の相方を務める。藝能研究は知識や審美眼だけじゃだめで耳と技がないと出来ない。愛八が古賀になぜ自分を選んだのか尋ねると、「人間の声は化粧もできんし、衣装も着せられん。しかし歌うときとか芝居をする時、または嘘をつく時、人の声は化粧もすれば変装もする。その時に品性が出るもんたい。…(略)…おうちの歌は位が高かった。欲も得もすぱっと捨て去ったような潔さがあった。…(略)…品とはそういうもんたい。」凄い殺し文句だ。
読了日:01月22日 著者:なかにし 礼

大奥 15 (ヤングアニマルコミックス)大奥 15 (ヤングアニマルコミックス)感想
家定、ほんのひとときでも幸せを実感できたのが過酷な人生の中のせめてもでした。胤篤は家定亡きあと家茂を支えつつ大奥の最後を精算することになるんだよね、で、和宮が…でどうやって二人三脚できるでしょうか。やっぱり男女逆転だといろいろややこしいけど、そこが面白い。最後まで容易に予測させていただけません。和宮が替え玉というと有吉佐和子の『和宮様御留』か?というところ参考文献には入っておらず、あえてここは独自解釈か?それにしても参考文献の量が論文レベル(?)で凄いです。脱帽。
読了日:01月01日 著者:よしながふみ

大奥 14 (ヤングアニマルコミックス)大奥 14 (ヤングアニマルコミックス)感想
新刊が出たので再読。
読了日:01月01日 著者:よしながふみ

読書メーター

2018年1月21日日曜日

チンチリレンでお弾き初め

虫六、今年のお三味線初稽古は15日(月)でした。

じつは正月13日(日)に一門の新年会があり、その席で、兄弟子Kさんが今度挑戦する『二人椀久』がシネマ歌舞伎ではじまったと言う話になり、先生が「明日見に行こう」という流れから、虫六がチケットをネット予約することになり、姉弟子Nさんともども映画を観にいくことになり…(一門のツアコン係なんで)で、すっかりはまってしまったのが、玉三郎丈の『京鹿子娘道成寺』。

映画は、玉三郎丈が若手4人(勘九郎・七之助・梅枝・児太郎)をひっぱっての『京鹿子五人娘道成寺』なんですけども。舞台映像としても記録価値あるものですが、それぞれが踊るパートの合間にインタビューが挿入されて、とっても見応えのあるドキュメンタリー映画になっていました。正直、この演目が歌舞伎座でかかった時は「五人ってどおよ?」なんて不遜にも思って食指が働きませんでしたが、こんなに華やかで面白い舞台だったなら見に行けば良かったなーなんて今さら思ってしまった。

前週末にNHK「にっぽんの芸能」で玉三郎の女形を解説していくシリーズが始まり、タイアップしたように『京鹿子娘道成寺』を取り上げていたので、ちょっと予習していたこともあり、この曲がいかに奥深く面白い作品か、また難しさもわかり興味は満タン。その玉三郎の深い解釈のもとに、花子が一人にも五人にも見える演出ができたんだなと、映画の途中でなんども「うーん」って唸ってしまいましたよ。

また、玉三郎がご自身の芸を伝えていく最良の方法として「同じ舞台に立つこと」を選んだことの良い意味での合理性。どんなときでも頭が涼しい方だなと感じます。そして、それぞれの経験する質や掴み方は違うのかもしれないけれど、共演した若手全員が千秋楽が来るのを惜しんでいた濃密な時間が、フィルムに映し出されていました。



映画では、役者がいったん引っ込んで、舞台裏で汗を拭いてもらったりして拵えを変えている珍しい様子が収められていましたが、このとき表舞台では、地方の皆さんが「娘道成寺の合方」(チンチリレンと呼ばれます)という早弾きの演奏で間を持たせます。お三味線好きとしては、ここが聞き逃せないところなのです。特に玉三郎丈の踊りには杵屋勝国師匠が立て三味線の楽団がほぼ必ず付きますので、楽しみ2倍ですね。

…で、みんなで「はぁあ」と満足してこの日は帰ったわけなんですが、これは翌日の初稽古はチンチリレンがくるな…と予測できたので、ちょっと復習して備えましたら、案の定でしたね。

ン年前にお稽古つけていただいたのでしたが、なにしろ久々だったので、いろいろ手が動かず…日頃の練習不足は実感しつつ、それでも昨日練習しておいて良かった。(汗)
お稽古初日から、「チンチリレン」の鬼稽古でしたー(@Д@;

今年もがんばるぞー。


ちなみに…
同時上映『二人椀久』は解説なしの舞台映像。
三味線だけでも演奏される名曲ですが、玉三郎丈の踊りになると「お茶の口切り」からのところ別の世界の扉を開けてもらうようでゾクゾクしました。そしてこちらの演奏ももちろん杵勝楽団です!

2018年1月7日日曜日

12月に読んだ本

12月の読書メーター
読んだ本の数:2
読んだページ数:368
ナイス数:9

舞うひと 草刈民代×古典芸能のトップランナーたち舞うひと 草刈民代×古典芸能のトップランナーたち感想
雑誌「なごみ」で連載された対談が単行本に。各分量は少なめですが(実際はもっと合ったのかもと想像)どの対談も良くまとまっていて面白かった。バレリーナという立ち位置から日本の「舞う」伝統芸能に切り込む草刈民代と言う聞き手の感度や理解の深さが感じられた。日本文化が相対化されたこともあるけれど、小さい頃から成長過程を身体を作り技を磨くことに費やして来た経験を共有してこそのやり取りだった。萬斎との声をめぐる話、猿之助の「ワンピース」における洋舞への翻訳の話、麿赤兒とも!そして、写真がきれい…さすがは淡交社…。
読了日:12月29日 著者:草刈 民代

国立劇場・歌舞伎の型1 仮名手本忠臣蔵国立劇場・歌舞伎の型1 仮名手本忠臣蔵感想
国立劇場芸能調査室編で昭和47〜8年に発行された(13)仁左衛門芸談を底本に復刊された本。全てが理解できるわけではないけれど、役者がどのように型の継承を受け止めて、役に生かしているのかが分かり読み応えがありました。囃子方(11)田中傳右衛門の芸談も決まり事が分かって非常に興味深く下座のCDで確認しながら拝読。この頃、国立劇場は他にも(7)芝翫や(14)勘弥などの芸談も出版しているけど絶版状態。仁左衛門の本だけが復刊できたというのも事情ありかなと推察するんですが、他の芸談も続けて出して欲しいです。
読了日:12月24日 著者:

読書メーター

いろいろまとめる時間がとれず…。とりあえず2冊あげときます。(汗)